ネガティブな人を選んで交際する

banner02
西日 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

世の中にこんなに大勢の人がいるのに、なぜわざわざネガティブな人を選んで交際する必要があるのだろうか?

ドラマの不幸話が好きな人は別として、ほとんどの人にとって不平不満を聞かされるのは退屈で気が滅入るだけだ。

いつも陰気な顔をして口を開けば不満を漏らす人は誰の周りにもいる。

どうやら、その人にはいつもいやなことばかり起こっているようだ。

困ったことに、本人は自分の問題を誰かと分かち合っているときに幸せを感じている。

ネガティブな人は他人に不満を打ち明けて幸せを感じているかもしれないが、その人の問題は「解決できる問題」か「解決できない問題」のどちらかである。

もしその人が解決できる問題にまじめに取り組んでいるなら、あなたはその人を応援し、進歩を称賛するべきだ。

それに対しもしその人が愚痴を言うばかりで何ひとつ努力をしていないなら、もっと愉快な友人を探したほうがいい。

_______

自分の価値に気づくヒント

ジェリー・ミンチントン 著

ディスカヴァー