見返りを求める心から解放される

banner02
見返り いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「こんなに努力したんだから、うまくいって当然」といくら思ったとしても、すぐに結果に表れるとは限らない。

そうなると、報われないことに不満を持つようになる。

「したことは報われるはずだ」と考えているから、苦しみがはじまるのです。

恋愛だってそうでしょう。

人を好きになると楽しいし、人生が明るくなる。

ただそれだけでもいいはずなのに、「自分と同じように好きになってほしい」と思うと苦しみが生まれます。

「自分はこれだけ尽くしているのに」と見返りを求めたら、相手からすれば「あなたが勝手にしたことでしょう」と思われるのがオチです。

「お礼を言ってくれない」「感謝されない」「応えてもらえない」という思いを背負って生きるのをやめて、相手に期待しないでいけたらどんなにラクでしょう。

見返りを求める心から解放され、「自分がしたことは、やっただけで終わり」となるのなら、余分な負担がなくなり、常に心を軽くして生きられるに違いありません。

_______

男の禅語

平井 正修 著

三笠書房より