ドーパミンとセロトニン

banner02
ドーパミン いいため話
画像:http://publicdomainq.net

人間の脳には、2種類の幸せ物質が存在します。

ドーパミンとセロトニンです。

富裕層の脳にはドーパミンが大量に分泌され、ジョブズのように禅的な幸せ感を持っている人にはセロトニン分泌が豊富であると考えられます。

ちょっと横道にそれますが、簡単に説明してみましょう。

ドーパミンは、ハングリー精神で活性化されます。

夢を抱き、ポジティブ思考で努力を続け、人を意欲的かつ渇望した状態にさせます。

そして、首尾よく夢が実現すると、大量にドーパミンが分泌されて、宙を舞うような快感を出現させます。

ドーパミンは間違いなく、人を幸せにさせる脳内物質です。

ところが、1つ欠点があります。

快感が長続きしない点です。

もっともっとと貪り続ける欠点を備えた脳内物質なのです。

それが嵩じると、依存症になります。

この罠にはまってしまうと、容易に抜け出せません。

夢が実現できないと、ドーパミン神経が暴走し、何が何でも手に入れようと、人の心を狂わせます。

このような人間の心を、仏教では、「貪りの執着」として、否定的にとらえます。

一方、セロトニンは、すでに説明したように、最適な覚醒状態を作ります。

貪り・怒り・不安をコントロールして安らかな心を形成し、自律神経を整え体調を良くし、姿勢や顔つきをはつらつとさせ、痛みや不快感を軽減させます。

仏教の言葉では「足るを知る」といわれる幸せ感を形成します。

ジョブズは、後者の生活を貫いていますから、間違いなく、セロトニン活性の高い生活を送っていたといえます。

_______

ひとり散歩ミーティング

有田秀穂 著

きこ書房より