人づき合いの大原則

banner02
人付き合い いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

最初に言っておきたいのは、いくらすばらしい人たちと友好を深めても、君に相手を喜ばせようという気持ちがなければ、何にもならない、ということだ。

君はいつか、スイスを旅行していた時に、親切な心尽くしを受けてとても嬉しかった、と書いてきたことがあったね。

その時私は、親切にしてくださった方々にお礼の手紙を書くと同時に、君にも、こう書いたと思うが覚えているか。

もし、自分のことを気にかけてもらったことがそんなに嬉しいのだったら、君も、人のことを気にかけてあげなさい。

君が気にかけて親切にしてあげればあげるだけ、相手も喜んでくれるものだよ、と。

これが、人づき合いの大原則ではないだろうか。

人は、愛する人や尊敬する友人に対しては、自発的に相手を気遣い、喜ばせてあげようという気持ちが湧きたつものだ。

この気持ちがなければ、実際に人を喜ばせることはできない。

人づき合いの原点は、この相手を思う気持ちだ。

その気持ちの上に立てば、どんな言動を取ればいいかは、おのずとわかる。

_______

わが息子と、君はどう生きるか

フィリップ・チェスターフィールド 著

竹内 均 訳・解説

三笠書房より