講師の服装が学生に及ぼす影響

banner02
先生 いいため話
画像:http://gahag.net

スタンフォード大学で教え始めて2~3年経った頃、「講師の服装が学生に及ぼす影響」をテーマにした研究に触れる機会がありました。

驚いたことにその研究で、講師の服装がきちんとしていればいるほど、学生たちは熱心に学ぶということが分かったのです。

私は驚愕しました!

ほかの研究でも、きちんとした格好で授業をする講師は、「有能で熱心だ」と学生に評価され、学習に良い影響を与えることが分かりました。

この研究で、目が覚めました。

スタンフォード大学の講師が、ラフな服装で教壇に立つのはとても当たり前のことです。

スーツを着ている人はほとんどいません。

ジーンズにスニーカー姿の講師も珍しくないのです。

私のティーチングメンター(講義に当たり助言・指導してくれる人)で、最も尊敬する教員の1人でもある先生がいるのですが、その人の心理学の授業は学生の間で人気を博していました。

その先生がこの学部で例外的な存在であることに気づいたのです。

彼は講義の時、いつもスーツジャケットを着ていました。

彼の服装も、講義の人気の一因だったのでしょうか?

服装は、自分自身に対する気持ちを変えるだけでなく、仕事の成果を変えることもできるのです。

米ノースウエスタン大学の心理学者たちは、この効果を「装いの認知力」と名づけました。

服装が「自分の役割を果たすための能力」を最大限に引き出す手助けとなることを発見したのです。

例えば、注意力が必要とされる仕事をする時は、白衣(医師や科学者の象徴)を身に着けた方が、いい仕事をします。

「自分はこうなりたい」と思う特徴と、服やアクセサリーを結びつけると、実際にその特徴を表現したり、仕事の質を高めるのに一役買ってくれます。

講義を準備する時、私は少なくとも1度は、リスクを取るように心がけています。

例えば、学生を教壇に上げて、研究を実証することもあります。

時には心理学的法則を説明するために、人気のテレビ番組のビデオを見せ、学生を驚かせたり、喜ばせたりすることもあります。

講義に当たり洋服を選ぶ時や、公の場で講演する時、この“同じ法則”に従がうようにしています。

少なくとも1つのリスクを冒して、自分を楽しませることができないだろうか、と考えるのです。

こうした心構えでいられるよう、ネックレスやブレスレットをいくつも持っています。

『人生がうまくいくシンプルなルール』日経BP