渡辺和子「ひとつの考え方で家族は幸せになれる」

banner02
家族 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

ある家庭での朝の出来事です。

学校に急いで出掛けようとしていた中学生の男の子が、

床の上に置いてあった灰皿を蹴飛ばしてしまいました。

吸いがらが散乱するな中で、男の子は怒鳴ります。

「こんなところに置いてあるから悪いんだ」

台所から母親が叫びます。

「お父さんが使った後、しまわないから悪いのよ」

父親は父親で、母親に向かって、

「お前が気を利かせて始末しておかないからだ」

と言い、息子に向かっては、

「もっと気をつけて歩け」と叱りつけ、

これまた不機嫌のまま出勤していきました。

かくて一家三人、それぞれに不愉快な思いを抱いて、

一日を始めることになったのです。

同じことが起きたとして、灰皿を蹴飛ばした息子が、

まず自分の不注意を詫びていたとしたら、母親も、

「私が片づけておいたらよかったのに、ごめんね」

と詫び、父親が、

「いや、僕が悪かった。昨夜使ったままにしておいてすまなかった」

と謝っていたとしたら、

この一家三人はお互いに詫び合い、許し合って、

気持ちのいい一日を始めたことでしょう。

許し合うためには、まず当事者同士が、自分もまた、許されなければならない、過ちの多い人間なのだ、

という自覚がないといけないのです。

~~~

出典

[愛することは許されること]

渡辺和子 著

PHP研究所より