みんなが求めているのは、見えないものを見える形

鈴木秀子 いいため話
画像:http://gahag.net/

ものさえあれば、

ものをつかめば、

ものが手に入れば

幸せになるという時代は、日本では多くの人たちにとって、終わってしまったのです。


では、今は何を求めているのでしょうか。
 

今までのものは、手に入れば、見て触れることもでき、感じることもできました。


けれども、形あるものはもういらなくなってしまったのです。


みんなが求めているのは、

「見えないものを見える形」にしたものなのです。


たとえば、優しい言葉とか励ましとか、認めてくれること。


どの時代にも人間の根底にある願いは、

自分が受け入れられ、理解されて、認められて、大切にされ、そして許されていることです。


そして、自分も他の人の役に立つ人間で、

自分で自分のことを「いい人だな」と思えるような、

そういう自分を認める力が欲しいのです。



今の時代はいつにもまして、強烈に、そうした「もの」を希求しています。


~~~

出典

[「愛」は伝わっていますか]

鈴木 秀子 著

講談社より