いろんなタイプの人間がいる理由

人間関係 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

助けあって生きる。

人間は千差万別です。

いろいろな人がいます。

からだの大きさも違うし、性質も、能力も、みんなまちまちです。

ほとけさまは、そのような人間が、みんなで助け合って生きてほしいと思っておられるのです。

からだの大きな人は、からだの小さな人を助けてあげます。

たとえば、遠くに行くような時、からだの大きな人はちょっと重いものを持ってあげます。

からだの小さい人は、軽い荷物を持つようにしてあげるのです。

頭のいい人は、あまり勉強ができない人を助けてあげるといいですね。

みんながみんな、同じような人であれば、世の中のさまざまな職業を、

だれがやればいいのかわからなくなります。

だから、ほとけさまは、いろんな人をつくられたのだと思います。

みんながそれぞれ得意分野で活躍し、他の人々を助けてあげることを望んでおられます。

みんなが助け合って生きることが、

ほとけさまの希望なのです。

ですから、一人の人が何でもできるようにならなくていいのです。

自分に不得意なものがあってもかまいません。

引用:自分の中の大事なもの
ひろ さちや 著
毎日新聞社