苦しみの中でも幸せは見つかる

いいため話 苦しみ
画像:http://goodstory.biz/

苦しんでいる人は、その苦しみを誰にでも言うわけではありません。

たとえ、苦しくても、言いたくない人の前では、

決して苦しいとは言いません。

あるいは、苦しみがわかってくれない人の前でも、

苦しいとは言いません。

苦しい人は、自分の苦しみをわかってくれる人にだけ、

苦しいと言います。

では、苦しいときに、苦しいと言ってもらえる関係を築くためには、どうしたらよいのでしょうか。

どのような私(あなた)であれば、

苦しみを打ち明けてもらえるでしょうか。

それは、楽しい話をしたり、

状況を詳しく説明する私ではありません。

その人の辛い苦しみをじっと耳を傾けて聴いてくれる私が、

苦しんでいる人にとってよき理解者になるのです。

聴くことは、苦しんでいる人にとってとても大切な、

『援助』となります。

私が苦しんでいる友人を理解するのではなくて、

聴くことを通して、友人が私のことを理解者と、

認めてくれることを、しっかりと心に留めてください。

〜〜〜

出典

[苦しみの中でも幸せは見つかる]

小沢 竹俊 著

扶桑社より