【人間関係】小林正観さんの伝える「周りに素敵な人を集める法則」

banner02
出典:http://free-photos.gatag.net/

あるところで、一泊二日の泊まり込みの旅行がありました。

数十人の人が泊まり込み、夜を徹してしゃべり、翌朝も一緒に朝食を食べました。

朝食の時、隣にご夫婦が座っていました。

私の顔を見るなり、その奥さんが話しかけてきました。

「質問してよろしいですか」「どうぞ」

「実は私の子供なんですが…」というふうに話をし始めました。

私は、そこで両手でバツを作りながら、にっと笑って「ブー」と言いました。

実は、その前夜に数十人でお茶会をやったときに、何十人もの人から同じような質問を受けていたのです。

その質問とは「自分以外の人間を自分の思いどおりにするにはどうすればよいか」というものでした。

質問している人は、それぞれ全部、状況が違います。

自分の思いどおりにしたいその対象は、子供であったり、親であったり、夫であったり、妻であったり、職場の同僚であったりはするのですが、

結局は、自分を取り巻いている人間関係のなかで、気に入らない人を「自分の思いどおりにしたい」というのが悩み相談のほとんどでした。

それを昨夜のうちに何回も何回もくり返し言っていたのです。

「また、自分以外のことの質問なんですね、実は…自分の質問のようにご本人は思っているでしょうけど、結局は自分の思いどおりにしたいということですよね」

と言いました。

一分ほどこの方が黙っていました。

また口を開きました。

「職場にですねえ…私にすごくつらく当たる上司がいるんです」。

私はまた笑ってしまって、手でバツを作って「ブー」と言いました。

私は、次のような話を続けたのです。

「もしかすると、日常生活ではほとんど笑顔がない状態で、そのように行く先々で、家庭の中で、職場で、あるいは友人の中で、いつもいつも『これが問題だ、問題だ』と言い続けてきたのではありませんか。

もし、私があなたの上司であったならば、あなたの顔を見たら、『これが問題だ、これが問題だ』と言っているあなたに対して、自分に近づいてこないように、より厳しく、より冷たい言葉を投げかけるのではないでしょうか。

『私のそばに寄ってくるな』という意志や作用が明らかに働くと思います。

『問題だ、問題だ』というふうに問題を熊手で集めてくるのをやめにしませんか」

と言いました。

「こんな楽しいことがあってね、こんな嬉しいことがあってね、こんな幸せなことが実はあったのよね、こんなおもしろい話に出会ったのよね、つい最近読んだ本がものすごくおもしろい本だった」

そういうように笑顔で話す人がいたら、その人の周りには人が集まると思います。

その人の口から出てくる言葉が「嬉しい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ついてる」(この七つを、「七福神」ならぬ「祝福神」と名づけました)。

そういう喜びの言葉、幸せな言葉というものが外に出てきたら、それを喜ぶ人たちがたくさんいます。

「問題だ、問題だ」と問題点を探し出すよりも、受け容れることで自分が楽になるのです。

そして、受け容れることでさらにそこに喜びを感じ、幸せを感じ、さらに感謝を感じることができたならば、その一つひとつの言葉に人々は癒されて、明るい気持ちになり、その人の周りに皆さんが寄ってきます。

そして、周りの人みんなが笑顔になり、笑顔の集団が出き上がります。

引用:小林正観 著
『釈迦の教えは「感謝」だった』風雲舎