年をとる上で大切なこととは?

banner02
人生 いいため話
画像:http://gahag.net/

人間というのは、自分が好むと好まざるとにかかわらず、1年ごとに自分よりあとに生まれた人のほうが多くなります。

私はあと50日ほどで72歳になるんです。

だからいま、日本中はもちろんのこと、世界にも、私より先に生まれた人は少なくて、私よりあとに生まれた人のほうが圧倒的に多いわけです。

そういうことを考えますと、人間はどのようにして生きたらいいかと思うようになります。

愛媛県松山市の砥部町というところに、坂村真民先生という方がいらっしゃいます。

この方は1万7千もの詩をつくっておられるのですけれども、その中に、「あとからくる者のために」という題の詩があります。

あとからくる者のために

苦労をするのだ

我慢をするのだ

田を耕し

種を用意しておくのだ

あとからくる者のために

しんみんよお前は

詩を書いておくのだ

あとからくる者のために

山を川を海を

きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために

みなそれぞれの力を傾けるのだ

あの可愛い者たちのために

未来を受け継ぐ者たちのために

みな夫々(それぞれ)自分で出来る何かをしてゆくのだ

このように、自分のあとに生まれてくる人たちのために、自分には何ができるのかと考えることは、とても大切なことだと私は思っています。

だから、いつもこのことを考えながら行動をし、毎日の暮らしをし、生きていただきたいと思うんです。

何も考えずに、ただ年々、年だけ取っていくという生き方をしていると、無駄(むだ)な人生を送ることになってしまいます。

『あとからくる君たちへ伝えたいこと』致知出版社