禅は信仰心よりも掃除を重んじる

banner02
人生 いいため話
画像:http://www.photo-ac.com/

禅では掃除を重んじます。

「一 掃除、二 信心」というくらいで、信仰心より上位に置いている。

それは、庭の塵を払うことは心の塵を払うこと、廊下を磨き上げることは心を磨くことだという考えからです。

ところが、払い忘れ、磨き残しがあるから、掃除はやっかいなのです。

たとえば、トイレや風呂の掃除に取りかかって、ひと汗流し、「さあ、これできれいになった」と終えたとします。

しかし、じつはきれいになっていないのです。

“使ってみる”とそれがわかる。

実際にトイレに坐ったり、風呂に入ったりすると、

「おい、おい、こんなところに埃が残っているじゃないか」

「あれっ、あそこのタイルの目地が汚れたままだ」

といったことになります。

なぜだかわかりますか。

掃除をしているときの目線が違うからです。

前者の目線で「よし」と思っても、後者の目線で見ると、「まだまだ」ということが往々にしてある。

_______

「坐禅のすすめ」

平井正修 著

幻冬舎より