自分の気分とうまくつき合える

banner02
気分の変化

私たちはいつだって、気分がよくなったり悪くなったりするのをまわりのせいにする。

休暇直前になって締め切りが迫った仕事を指示されるとか、上司が突然怒り出すとか、誰かのせいで遅刻したとか、こうした出来事のせいでイライラさせられていると思い込む。

でも、本当はそうではない。

前述したように、あなたの気分を左右しているのはすべて、あなた自身の「考え方」だ。

それがわかってくれば、あなたは自分の気分とうまくつき合える。

たとえば、ふさぎ込んでいるときは、できるだけ重要な決断はしないとか、大切な顧客に電話するのは、やる気がわいてくるまで待つといったことが、できるようになるのだ。

自分の今の「気分」に気づき、理解して、気分に合った行動をとるのは、その日の天気に合った服を選ぶのに似ている。

暑い日には涼しい格好をし、寒い日には上着をはおり、雨の日には傘をさす…気分とも、そうしてつき合えばいい。

そして、まわりの人の気分にも波があることを知っておこう。

相手の気分に合わせて自分の気分を変えるということではない。

その人の気分を考慮に入れるだけで、いろいろなことがストレスなく回り始める。

たとえば、部下がどうも機嫌が悪そうだとわかれば、気分が浮上するのをちょっと待ってから新しい仕事を指示する、といった具合に、機嫌がいいときなら部下はこちらの話を聞く耳を持つだろうし、ムキになったりしない。

逆でも同じこと。

仕事が忙しい時期にどうしても休暇を取りたいという相談を上司にするなら、やはり上司の機嫌がいいときを狙ったほうがいい。

ただし、その人が不機嫌になっているのか、いちいち詮索しないこと。

誰だって、気分に浮き沈みがある。

もちろん「なぜ、そんなに仏頂面をしているんだ」と相手を責めたりしてもいけない。

あなただって不機嫌になっていた瞬間があるはずで、お互いさまなのだ。

また、「不機嫌なのはあなたのせい」と相手に責められたとしても、真に受けないこと。

その人が不機嫌なあまり、あなたの態度に必要以上に厳しい目を向けているだけかもしれない。

だから、あなたが思い悩む必要はないのである。

『自分のまわりにいいことばかり起こる法則』(浅見帆帆子訳)三笠書房