ひろ さちや 「がんばらない がんばらない」

banner02
考え方 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

禅のことばに、

「八風(はっぷう)吹けど動ぜず(八風吹不動)」がある。

ろうそくの火は風に揺れ動く。

そのように、わたしたちのこころも八つの風によって揺れ動き、惑わされるのであるが、それを不動のものにせねばならぬ…という意味である。

では、八つの風とは何か。

利・衰(すい)・毀(き)・誉(よ)・称(しょう)・譏(き)・苦・楽である。

利…利とは、たんに金銭的利益だけではなしに、わたしたちの意にかなうものはすべて利である。

利をもって誘われると、わたしたちのこころは、ついふらふらと動いてしまう。

衰…利の反対が衰で、わたしたちの意に反するものを言う。金銭的な損失だとか、左遷など。

毀…毀とは陰でそしること。

誉…逆に陰でほめるのが誉である。

称…称は目の前でほめること。

譏…反対に目の前でそしるのが譏。

苦…仏典によると、苦は「逼悩(ひつのう)」の義だという。すなわち、「圧迫して悩ます」である。

苦によって、わたしちのこころは乱れる。

楽…逆に楽によっても、わたしたちのこころは揺れ動く。注意せねばならない。

八風のうちの四風(毀・誉・称・譏)が、いわゆる「毀誉褒貶(きよほうへん)であって、要するに世間の評判である。

“風評”ということばがあるが、まさに「風」である。

そんな「風」に動じない、不動心を確立せよ…というのが禅の教えである。

釈迦はこのように言っておられる…「ただ非難されるだけの人、ただ称賛されるだけの人は、

過去にもいなかったし、未来にもいないであろうし、また現在もいない」と。

引用:がんばらない がんばらない
ひろ さちや 著
PHP文庫