鴨下一郎 「伝えたい気持ち」が伝わる本

考え方 いいため話
画像:http://www.danshihack.com/

違う言葉を話し、違う文化を持っている人とは、うまく話が伝わらない…

と、私たちは思いがちです。

「前提」が違うことが多いからです。

けれども、「うまく伝わらなくて当たり前」

と思っていますから、案外努力をし通じるようになるものです。

これが同じ日本人だと、逆に、

「なぜおまえ、こんな非常識なことをするのだ!

なぜこのくらいのことがわからないのだ!」

と、なります。

これは「前提が同じ」で、同じ日本人なんだから通じて当たり前、

通じないのはおかしい…

という思い込みから、言い争いがはじまるということです。

相手への想像力が働かないから、

いつまでも「違い」が埋まらないのです。

ところが、

「世代が違えば、考え方も違うから」と割り切り、

「前提が違う」と思っていると、

想像力が働き、お互いに通じるようになるものです。

引用:「伝えたい気持ち」が伝わる本
鴨下 一郎 著
新講社