悩んでいるときに、解決策が見つからないのは当然

猿 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

悩んでいるときに、解決策が見つからないのは当然なのだ。

たとえ、解決策が見つかっても、それは、自分がやりたくないことである場合が多い。

「ああすればこうなるからイヤだ、あの方法もイヤだし、この方法もしっくりこない。

いったいどうすればいいのだろう」

と悩み、身動きがとれなくなって、

どんどん落ち込み、深みにはまっていく。

ところが、いろいろ道が断たれ八方ふさがりになったとき、初めて見えてくる道がある。

それが自分のほんとうに進むべき道なのだ。

何もかも手離さなければならないようなときに、

「これだけは失いたくない」と思うものがある。

それが、あなたが人生でほんとうに大切にしたいものだ。

たくさんものを持っているときにはわからない。

「もうイヤだ」という状況は、実は、自分が人生に何を求めているかが見えてくる好機なのである。

あなたは、これまでの人生でとことん悩んだことがあるだろうか?

もし、今がそうならば、

あるいはそんな機会がいずれやってきたら、

チャンス到来だ、とことん悩んでみるといい。

~~~

出典

[会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本]

斎藤 茂太 著

あさ出版 より