ハーバード大学式「希望の見つけ方」

パンチ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ハーバード大学で人間の感情を研究している人たちによると、感情というのは「喜怒哀楽」だけではなく、全部で12種類に分けられるんだそうです。

そして、その分類でいくと「希望」というのも感情なんですって。

さらに、それら12個の感情の中で「希望」だけがもっている面白い特徴がひとつあるそうです。

それは「希望という感情は絶望の後にしか現れない」ということ。

絶望を感じたことのある人しか希望を持つことができない。ということは今、何かに絶望している人たちには、この先に希望が現われるってことですよ。

僕は、希望は感情だと言われて、目の前がパッと開けたような気持になりました。

なぜかというと、「希望」ってもっと即物的なものだと思っていたから。

たとえば就職活動で第一希望の企業を決めるように「希望」って具体的な対象にしか持てないのだろうと思っていた。

でも感情の状態の「希望」は、なんだかワクワクしている状態でしょう。

希望というステータスなんですよね。

それって、ほぼ没頭(フロー)に近いんじゃないかな。

_______

没頭力

吉田尚記 著

太田出版