私たちの多くは自分に冷たい

泣く いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私たちの多くは自分に冷たい。

みずからを批判し、責めてばかりいる。

議論すれば、自分の意見が気に入らず、

鏡をみれば、自分の容姿が気に入らない。

人生を振り返れば、自分のしてきたことが気に入らない。

あなたは自分の弱さを許せず、そんな自分を嫌っている。

しかし、弱いのはあなただけではない。私も弱い。

つまり弱さはそんなに深刻なことではないのである。

私たちはスーパーマンではないし、ロボットでもない。

神でもないし、機械でもない。

私たちは人間であり、私たちを生んだ親もまた人間である。

人間は弱さから生まれた弱い生き物だ。

そんな私たちが困難な時代に生きているのだから、

絶望するときがあるのは当然だ。

17世紀の英国の詩人エドマンド・ウォラーは

「人は弱さによって強くなり、賢くなる」

と言った。

この言葉は今も真実の響きがある。

~~~

出典

[新しい自分をつくる本]

マクスウェル・マルツ 著

成甲書房 より