脳は体以上に疲れている

banner02
病院 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ストレスというのは、その原因も含めて漠然としていることが多いものですが、ストレスを減らすアプローチの仕方はいたってシンプルです。

「脳を疲れさせない」「脳を休める」。これに尽きると思います。

疲れを感じたとき、「体を休めよう」と思う人はいますが、「脳を休めよう」と考える人は意外に少ないのではないでしょうか。

休日は一日中、家でゴロゴロしていたのに、翌日になってもまるで疲れがとれていない・・・。こうした状況は40歳を過ぎると増えてきます。

体を休めたことで休養した気になっていても、同時に脳も休めなければ疲れはとれません。

せっかくの休日なのに、仕事のことがあれこれ頭をよぎると、脳を休めたことにはならず、リラックスできません。

逆に、体は動かしていても、脳をしっかり休めさえすれば、おもしろいように疲れは吹き飛びます。

脳は、体以上に疲れているともいえます。

最近、「疲れがとれにくくなった」と感じている人は、体よりも脳を休ませる意識をもってください。

40代からのストレスを減らす第一歩は、とにかく仕事のことを考える時間を減らし、「脳を休ませる」ことだと私は思います。

_______

「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

葛西紀明 著

東洋経済新報社