いじめられてよくなり、いじけてしまっては駄目

banner02
光 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

《だまされてよくなり、悪くなっては駄目(だめ)。

いじめられてよくなり、いじけてしまっては駄目。

ふまれておきあがり、倒れてしまっては駄目。》(坂村真民)

雪がとけて畑の黒い土に草々の緑が目立つころになると、遠き日、師匠と共に麦踏をしたことや「踏まれておきあがり」の坂村真民先生の詩を思い出す。

麦は冬の寒さに堪えて春を迎える。

雪や霜で浮き上がった根を、水ぬるむ季節を待って、やわらかい藁草履(わらぞうり)をはき、やさしく、しかししっかりと踏んでやる。

踏まれることで麦は大地に力強く根を張ることができる。

過保護では駄目になるばかり。

踏まれても倒れずに起きあがる力は、踏まれることで育つのである。

もう一つ大切なことは、踏むべき時があるということ。

地にはりついている幼い時に、しかも愛情をもって踏まねばならない。

大きく育ってから、しかも乱暴に踏んだら、折れるばかりで立ちあがることはできないのである。

『あなたに贈る人生の道しるべ 続・ことばの花束』春秋社