自分はわずかな能力しか持っていない?

banner02
叫ぶ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

ごく少数の人を除けば、ほとんどの人は子どもの頃から、

「自分はわずかな能力しか持っていない」

と思い込んで大人になる。

実際、自分の能力を10段階で評価すると、

ほとんどの人の自己評価は「1」「2」せいぜい「3」だろう。

しかし、私たちは「9」「10」という高い評価を自分に与えるべきである。

人生を挑戦の連続と考えよう。

自分の潜在能力を発見し、開発し、活用して、

新しいことに積極的に挑戦すれば、無限の可能性が開けてくる。

普通のピアノには88の鍵盤がある。

しかし、その中のほんの少しの鍵盤しか使わないなら、

退屈なメロディになってしまう。

もっと多くの鍵盤を使ってみよう。

そうすれば、素晴らしいメロディを奏でることができるはずだ。

~~~

出典

[自信の法則]

ジェリー・ミンチントン 著

ディスカヴァー・トゥエンティワン より