言うべきか?言わざるべきか?

banner02
言わない いいため話
画像:http://publicdomainq.net

もしかしたら、相手にとってはツライ言葉かもしれないけれど、あえて言ってあげたほうがその人のためになりそうなとき。

言うべきか? 言わざるべきか? 迷うことってありますよね。

その苦言は、本当に100%、相手のことを考えてのものなのか?

それとも、腹立たしさから嫌味を言おうとしているだけなのか?

もし、後者なら「お前のためを思って言っているんだ」って言って、部下イジメをする最低な上司と同じです。

そんなときは、その苦言が「正解」なのかどうか、どう判断したらいいのでしょうか?

1つたしかなことは、どんな苦言でも、愛を持って伝えれば大丈夫ということ。

では、伝えようとしている苦言が、本物なのかどうか、どうやってチェックすればよいのでしょう?

そんなとき、僕はいつもこう考えるようにしています。

もし、この場に相手の両親がいても、その苦言を相手に伝えることができるか?

そう考えて、「ご両親がいても言える」と思えたら、愛を持って言おうとしているから伝えるようにします。

「ちょっとご両親の前では・・・」と思えば、愛を持って言おうとしていないから、言わないほうがいいでしょう。

_______

さりげなく人を動かす スゴイ!話し方

山崎 拓巳 著

かんき出版