「類は友を呼ぶ」法則のお話です。

類友 いいため話
画像:http://gahag.net

何の店でも、訪れたときに、「このお店は雰囲気がいいな」「このお店のスタッフはみんな感じいいな」と思うことがあります。

逆に「このお店は感じがよくないな」「このお店は活気がなく暗いな」と思うこともあります。

お客様は店の全体的な雰囲気をすぐに感じるものです。

サロンでも同じで、お客様はすぐにその店の雰囲気を感じ取ります。

このサロンの雰囲気をつくっているのは、そこで仕事をしている人とお客様なのです。

「店で働いているスタッフを見れば、経営者がどんな人かがわかる」「経営者を見ればどんなスタッフがそろっているかわかる」といった、「類は友を呼ぶ」ということわざのように、似た者同士や気の合ったものが自然とその店に集まるものです。

やる気に満ち溢れたスタッフが元々そのサロンにいれば、新しく入ったスタッフは自然とその雰囲気に染まっていくか、馴染めず居心地が悪くなって辞めていくかになります。

お客様も同じです。

店の雰囲気がよいと思うなら長く通ってくださるでしょうし、居心地が悪いと思うなら離れていくことでしょう。

そのように類は友を呼んでいくのです。

_______

一人のお客様が100回再来店する店づくり

石川佐知子 著

同文館出版より