斎藤一人「自分の立場を忘れてしまうな」

悩む いいため話
画像:http://gahag.net/

「地位」や「名誉」がほしければ、政治家になればいいのです。

その代わり、政治家がお金を求めたら、逮捕されてしまいます。

そのことを、よく心得てください。

人間には、一人ひとり、「立場」というものがあります。

その自分の「立場」を貫き通せるかどうかに、本当の成功をつかめるかどうかがかっているのです。

私は、商人です。

商人というのは、ひたらすらお客さまに喜ばれるものを売るのが商売です。

商人が、必要もないビルのオーナーになることはありません。

ゴルフがしたければ、その都度、お金を払ってプレーをすればいいのであって、名誉のために、わざわざ高い「会員権」などを買うこともないのです。

また、「テレビに出ませんか?」なんて言われて、いい気になっているうちに、本業のほうがおそろかになってしまうでしょう。

自分の「立場」を忘れてしまって、「地位」や「名誉」を求めたとき、その様子を神さまはじっと見ています。

そのことを忘れてはいけません。

「この人には、やっぱりお金を持たせないほうがいい…」と思われないような行動をとっていくことが、ずっとお金に愛されるコツなのです。

『「人」と「お金」の50のルール』サンマーク文庫