川北 義則 「人生、逆転の法則ここだけの100話」

考え方 いいため話
画像:http://gahag.net/

最初から大きな目標や計画を立てると、疲労感が先にたってしまう。

まして、1から準備をしてとなるとなおさらだ。

「とても無理だからやめてしまおう」

と臆するようになる。

そうやって多くの人は、

自分の可能性の芽を摘んでしまっている。

人がものごとに積極的に取り組むのを躊躇するのは、全体を見てしまうからだ。

これは誰にも共通する感覚である。

マラソンの場合も42.195キロを走る前から意識すると、辛さを感じる。

そこでマラソン選手は5キロ単位に細分化して考える。

5キロをどれだけのタイムで乗りきるかを体で覚える。

そして、その積み重ねとして全体を
考えていくのだという。

スタートで尻込みする人は、

何ごとも細かい単位を分けて、

今すぐやるべき単位には、

脇目も振らずに取り組んでみるといい。

引用:人生、逆転の法則ここだけの100話
川北 義則 著
三笠書房