金平 敬之助 「ひと言の贈りもの」

言葉 いいため話
画像:http://gahag.net/

60歳を超えると参加したくない集まりがある。

同期会だ。会えば最初から暗い話だ。

「老人性潰瘍ができた」

「夜トイレに3回起きる」「オレは4度だ」

「つくった、つくった」と自慢話が聞こえる。

「何をつくったの?」と問えば、

「お墓」という。

集まって1時間もたつと、必ず余計なことを言う者がいる。

「おーい、みんなよく聞けよ。来年全員揃うとは限らないからな」

人生の黄昏に近づいたことを確認し合っているようなものだ。

出ていて楽しい筈はない。

最近、外資系で活躍した、新将命(あたらしまさみ)さんから

「アメリカ人はとにかく明るい」

と、こんな話を聞いた。

彼らは他人の同情を引くようなことはまず口にしない。

たとえば、熱っぽい顔をしているから「大丈夫か」ときく。

「あ、38.5分ある。咳もひどい」という。

日本人ならここまで言って黙る。

あとは「だから同情してくれ」という表情をする。

アメリカ人は違う。

ひと言かならず添える。

「38.5分あって咳もひどい」と言ったあと、

「それ以外は全部元気だ」と付け加える。

引用:ひと言の贈りもの
金平 敬之助 著
PHP研究所