心を伝える技術

banner02
いいため話 心
画像:http://gahag.net/

人に対して好意・感謝・敬意の念があるにもかかわらず、

言語で上手に表現できない人がいます。

頭を2,3回下げるのが精一杯というわけです。

こういう人は、葉書とか手紙で心情を伝えることです。

たとえば、ご馳走になった、駅まで車で送ってもらった、

就職の世話になった、原稿に目を通してもらった、

病院を紹介してもらった、身の上相談にのってもらった

などのあと、礼状を出すことです。

こういう場合に何の反応も示さないから

人に正しく理解してもらえないのです。

つまり自分の気持ちを人に伝えるということは意外にこまめな作業です。

仲間と同じ能力を持っているのに、

自分だけが認められないとぼやく人は多分、

日ごろのフィードバックが足りないからではないかというのが私の推論です。

〜〜〜

出典

[心を伝える技術]

国分 康孝 著

PHP研究所より