「運」を味方につける48の習慣

banner02
出典:http://free-photos.gatag.net/

私は、よく「しけた顔はお止(や)めなさい」と言います。

男女関係なく、「しけた顔」は「暗」です。

血色が悪くて、色つやもなく、顔全体の筋肉がだらりとたれさがっていて、元気がなく、どこを見ても輝きがないのが、しけた顔です。

人は、病気になると、顔に血の気がなくなったり、顔色がくすんだりしますよね。

しけた顔をしていたら、病気を誘発するともいえるのです。

さて、この「しけた顔」を治す方法はシンプルです。

たくさん感動することです。

小さなことでも、毎日何度も感動すると、その感動が表情に出ます。

感情が動くということは、脳が動いているということ。

結果的に、毛細血管を活性化させ、顔に健康的な赤みや、つやをもたらすことになります。

これこそ、「動」の顔の効力です。

さて、幸せな人生のためには、人との交流をなくすことはできません。

自分をいかに「発信」し、相手のことを理解して「受信」するかが、あなたの人生を成功に導きます。

そのために必要なのが「動」の顔です。

喜怒哀楽が豊かな人ほど、表情が動きます。

たとえば、嬉しいことがあったり、微笑ましいものを見たときに、人は自然と「目を細く」します。

目を細めて微笑むことは、人を「明」の気持ちにさせます。

遠くを見るときも、実際に目を細めますが、遠くを眺めたり、昔を思い出してほのぼのするのも、いい「動」の表情です。

ちなみに、観相学では、理想や希望を胸に成長した人は、目が細くなるとされています。

また、びっくりすると、「目を丸く」します。

ふだんから目を丸く見開いていると、周囲の変化に敏感になり、感情の起伏も激しくなり、好奇心旺盛で行動力溢れる人になります。

どんな形の目の人でも、驚いたときは思い切り大きく目を見開くことです。

そうすることで、感受性を育てていくことができます。

また、視野が広がっていきます。

鼻も大切です。

肉付きのいい大きな鼻は、行動力とスタミナの証です。

でも、小さな鼻の人も、大丈夫。

鼻の穴をふくらませて、空気をたっぷり吸い込み、一気に吐き出すことで、行動力がついてきます。

そして、口には笑顔。

とくに男性は、顎がはずれるほど大きな口を開けて笑うのが、「明」の顔です。

ただし、女性の場合は、気のおけない場であればいいですが、多くは微笑のほうがいいでしょう。

とにかく、喜怒哀楽で豊かに表情を動かすことです。

無表情では人との関係が「明」になってはいきません。

引用:「運」を味方につける48の習慣 幻冬舎
藤木相元 著