【音声】市村洋文「昼メシは座って食べるな!」

banner02
市村洋文 いいため話
画像:ameblo.jp

大学時代に「1億円」ものお金を稼ぎ出し、野村證券では前人未到の営業成績を残した“伝説の人たらし社長”が実践する、ありえない成果を上げるための「働き方」と「考え方」をまとめた一冊。 名刺一枚の出会いを大事にし、心を尽くして相手の喜ぶことをしていくことで、出会った人がみんな自分の応援団になっていく。 一生懸命、モーレツに働き続ける著者の生き方には、仕事のやる気がアップするヒントや、人生を向上させる極意が満載。
(Amazonより)

【プロフィール】

市村洋文(いちむら ひろふみ)

1959年、北海道生まれ。立教大学社会学部に入学。在学中に、学生旅行ツアーを企画。
年間1000台のバススキーツアーを企画し、4年間で60億円の売上を上げる。学生起業家の走りである。大学卒業後、野村證券入社。新宿野村ビル支店時代に引き継いだ預かり資産を20億から2000億に増やすなど、手腕を発揮。個人で月間投信販売額500億円、月間手数料収入6億円の記録を打ち立てた。その後、最年少で大森支店長に抜擢される。
それから野村證券における本社営業企画部等、超エリートコースを歩む。KOBE証券に専務取締役としてスカウトされ、その後社長として、預かり資産1兆4400億円を集め、KOBE証券を一人当たりの預かり資産で野村證券を抜くまでに成長させた。また、全くの独立証券でありながら、証券会社リーグテーブルで堂々の第12位(2003年度)につけ、2006年3月に株式公開を果たした。時価総額400億円を達成。公開時のKOBE証券グループ総勢2500名。2007年4月よりファーストヴィレッジで代表取締役社長として、日本最大のビジネスマッチング及び顧客紹介企業の実現を目指して経営コンサルティングを行っている。2017年株式公開を再び目指す。2011年3月に出版した「昼メシは座って食べるな!」(サンマーク出版)は日本の他、中国、台湾でベストセラー。
2012年7月に「昼メシは座って食べるな!」第2弾「ツメが甘い!」をKKベストセラーズより刊行。
早くも営業の“バイブル”として売上げを伸ばしている。