【音声】南場智子「不格好経営―チームDeNAの挑戦」

南場智子 いいため話
画像:toyokeizai.net

「それにしても、マッキンゼーのコンサルタントとして経営者にアドバイスをしていた自分が、これほどすったもんだの苦労をするとは……。経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、おもしろい。最高に。」――創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。

なぜ途中で諦めなかったのか、いかにしてチーム一体となって愚直に邁進してきたか。創業時の失態や資金集めの苦労、成長過程での七転八倒など、ネット界に新風を巻き起こしたDeNAの素顔を同社ファウンダーの南場智子が明らかにする。華やかなネットベンチャー創業の舞台裏で、なにもそこまでフルコースで全部やらかさなくてもと思うような失敗の連続――こんなにも不格好で、崖っぷちの展開があったのかと驚かされる。当時の心境も含めて綴られた文章は軽快で、ビジネス書として示唆に富むだけでなく、読み物としても楽しめる。スピード感あふれる人材育成の現場も垣間見ることができる。
(Amazonより)

【プロフィール】

南場智子(なんば ともこ)
DeNAファウンダー。新潟市生まれ。津田塾大学卒業後、
86年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。
90年ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得、96年マッキンゼーでパートナー(役員)に就任。
99年同社を退社してDeNAを設立、代表取締役社長に就任。
2005年東証マザーズ上場を果たす(07年東証第一部に指定替え)。
11年病気療養中の夫の看病に力を注ぐため、DeNA代表取締役社長兼CEOを退任、代表権のない取締役となる。2003年内閣IT戦略本部員、04年規制改革・民間開放推進会議委員などを歴任。