【音声】武田邦彦「正しい」とは何か?―武田教授の眠れない講義

banner02
武田邦彦 いいため話
画像:www.kakugo.tv

時代や状況で変容する「正義」の本質を抉る

「正しいこと」とは何か。時代や社会、性別、立場、職業などによって、常に変容する「正しさ」の本質を、具体的な事例をあげながら、わかりやすく解説する。ギリシャ哲学から説き起こされがちな西欧型の「正義」は果たして正しいのか? あらゆる宗教、哲学、倫理学などをふまえた上で、現代人にとっての「正しさ」を掘り下げる。「原発」「エネルギー問題」にみる「正しさ」とは何か? 戦争における「正しさ」とは? 男女関係における「正しさ」とは? 会社の上下関係にみる「正しさ」とは? など科学的思考によって、現代の生活に役立つ「正しさ」を明快に整理し、日本特有の「空気」にダマされず、生き抜くための哲学書であり、実用書です。
(Amazonより)

【プロフィール】

武田邦彦(たけだ くにひこ)

1943年東京都生まれ。工学博士。東京大学教養学部基礎科学科卒業。その後、旭化成ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学工学部教授、名古屋大学大学院教授を経て、中部大学教授。世界で初めてウラン濃縮に成功し日本原子力学会平和利用特賞を受賞、内閣府原子力委員会および安全委員会専門委員などを歴任。原子力、環境問題をめぐる発言で注目されている。「2015年放射能クライシス」ほか著書多数。同書発刊と同時にスタートしたWEB番組「武田邦彦ガリレオ放談」(小学館ブックピープルで連載中)では毎回、鋭く世相に切り込み、50万再生回数を突破するなど大好評。