【音声】太田英基「日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。」

太田英基 いいため話
画像:alternas.jp

「グローバル化」「グローバル人材」などの、耳にタコができるほど聞いてきた言葉。
これらの言葉を耳にする時の文脈は大抵、ネガティブなことが多い。

「グローバル化しないと生き残れない! 」
「グローバル人材にならないと、10年後には…」
「英語を話せるようにならないとヤバイ」

でも、多くの人は、そういう言葉じゃ心が突き動かされない。
もっと、ドキドキするような、ワクワクするようなモノが必要で。

だから、この本は、世界を舞台にして生きていくことの可能性を前向きに綴った本だ。
(Amazonより)

【プロフィール】

太田英基(おおた ひでき)

株式会社スクールウィズ
代表取締役

1985年生まれ。東北の温泉街出身。
大学2年時にビジネスプランコンテストで最優秀賞を獲得し、株式会社オーシャナイズを仲間と起業。広告事業「タダコピ」を手掛ける。
丸5年働いた後、会社を辞めて世界一周へ。「若者のグローバル志向の底上げ」を使命としたサムライバックパッカープロジェクトを立ち上げ、スポンサーやタイアップメディアを獲得。
フィリピンでの英語留学3ヶ月間を経験した後、約2年間、50ヶ国を旅しながら、現地のビジネスマンを中心とした様々な人たち1,000人以上と交流をする。その様子を宣伝会議、ビジネスメディア誠、東洋経 済、AERA、マイナビなどに寄稿。
2011年7月には旅中に東洋経済新報社から、『フィリピン「超」格安英語留学』を出版。近年人気急上昇中のフィリピン留学の仕掛け人と呼ばれる。帰国した2012年7月以降、各方面から講演依頼・執筆依頼をうける。2013年、School Withを立ち上げ、代表取締役に就任。