【音声】武田双雲 ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

banner02
武田双雲 いいため話
画像:www.youtube.com

仕事にも出会いにも家族にも恵まれ、毎日を幸せに生きられるのはなぜなのか。武田双雲が実践してきたメソッドをついに公開。最も判りやすく効果が得られる、究極の自己啓発書!

武田双雲氏に会うと「幸運体質」になれるという声を多く聞きます。
「仕事が上昇気流に乗った」
「悩んでいた人間関係が改善された」
「病気や冷え性が良くなった」
……など、と聞くとちょっと怪しげですが、彼はスピリチュアルとも宗教とも無縁です。
彼自身ももちろんスーパーポジティブです。
「自分からオファーしなくても素晴らしい仕事に恵まれる」
「素敵過ぎる出会いに恵まれている」
「家族仲が良すぎてたまらない」
「毎日が楽しくて仕方ない」
彼は、なぜこんなにも幸せでいられるのか。
誰とも争わず、勝ち負けの概念も持たず、無理することなくむしろのんびりと暮らしながら、凄まじいまでの前向きなエネルギーを放ち続けていられるのか。
それは、ある3つの基本と11の法則を実践しているからです。
そのいずれもが簡単で誰にでもすぐに出来ます。
武田双雲が長年研究し、実践してきたポジティブになれるメソッドをここに公開します。

【プロフィール】

武田双雲(たけだ そううん)

書道家。1975年、熊本県生まれ。東京理科大学理工学部卒業。
3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、
斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。
映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、
スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。
また、フジロックフェスティバルや、ロシア、スイス、ベルギー、ベトナム、インドネシアなど、世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。
2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。
百貨店や美術館などで斬新な個展を開催。2010年目黒雅叙園での個展には4万人を超える来場者。また、2008年6月14日開通の東京メトロ地下鉄副都心線、明治神宮前駅にパブリックアートとして「希望」の作品を提供。様々な企業や個人から依頼を受け、ビジョンを書で揮毫している。
オリジナルの書道講義が話題を呼び、日テレ「世界一受けたい授業」など様々なメディアに出演。講演会やイベント、セミナーなどへの出演も多数。
書道教室「ふたばの森」主宰。約300名の門下生に指導を行なっている。
著書は現在20を超える。
作品集『たのしか』『絆』(ダイヤモンド社)
『「書」を書く愉しみ』(光文社信書)
『書愉道』、『しょぼん』『書本』(池田書店)
『ひらく言葉』(河出書房新社)
『カルボナーラばかり注文するな』(春陽堂書店)
『書の道を行こう~夢をかなえる双雲哲学~』(PHP研究所)
『武田双雲 戦国武将を書く』(ぴあ)
『武田双雲にダマされろ』(主婦の友社)
『武田双雲の墨書七十二侯』(朝日新聞出版)
『上機嫌のすすめ』(平凡社)
『双雲流コミュニケーション術』(毎日新聞社)
『はじめてのお習字』(幻冬舎エデュケ-ション
) 『知識ゼロからはじめる書道入門』(幻冬舎)
『こころをつよくすることば』(日本出版社)
『だからこそできること』)(乙武洋匡氏との対談本。主婦の友社)がある。