【音声】安藤正弘「不動産業界を変える ハウスドゥの挑戦」

banner02
安藤正弘 いいため話
画像:stories.asia

京都生まれの不動産企業ハウスドゥ!業界を震撼させたFC展開に続き、住宅情報モールで東日本進出を図る!不動産業界を変える!という壮大な夢にチャレンジするハウスドゥの全貌を社長自ら執筆。

【プロフィール】

安藤正弘(あんどう まさひろ)

昭和40年生まれ。バブル真っ只中の昭和62年、不動産会社へ就職。
わずか1年後、バブル崩壊により会社が倒産し路頭に迷う。再就職を試みるがことごとく失敗。
しかし26歳で奮起し、3坪の事務所で会社を設立。たった2人で仲介手数料1,000万円以上を毎月連続達成し、営業ノウハウを蓄積してゆく。
その後、リフォーム事業、買取事業へ参入。「買取→リフォーム→仲介」の三位一体のビジネスモデルを構築し、事業を拡大する。
一方で人材採用と教育の課題に直面。全精力を傾けて人づくりに取り組み、成果を上げてゆく。
2006年から直営店で培ったノウハウをもとに不動産売買仲介専門のフランチャイズチェーン「ハウスドゥ!」(FC)をスタート。FC展開で業界のイメージをレベルアップし、「100%情報開示」の不動産コンビニを目指す。
「不動産業界を変える!」を使命に業容を拡大 し、2015年3月25日東京証券取引所マザーズ市場に上場(証券コード:3457)