【音声】太田芳徳「リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ」

banner02
太田芳徳 いいため話
画像:bestsellers.fm

「特別就職講座」の1年目の結果が出た。4人中4人、全員が大手企業に内定を獲得したのだ―「はじめに」より
なぜ、中堅下位大生に錚々たる大手から続々と内定が出たのか?
◎自己分析はするな ◎マナー講座、資格なんかいらない ◎面接で自分の「強み」「弱み」を長々と話すのはもってのほか ◎SPI対策はするものではない ◎就活してい人が教えている大学のキャリアセンター ◎「不況で就職が厳しい」のウソ―リクルートで企業コンサルティングから学生の就職支援まで従事し、数々の実績を上げてきたカリスマ就職請負人が、学生、大学のイタすぎる就活を一刀両断!
「バイト先で1番になれ! 」など「この学生に入社してほしい! 」と言われる必勝トレーニングを伝授する。
企業の人事、採用担当者、大学関係者、学生、それぞれの立場の人たちに就活で本当に必要なひとは何かを教える一冊。

【プロフィール】

太田芳徳(おおた よしのり)

株式会社ハンゾー代表取締役。株式会社リクルートにて採用広報の営業・商品企画、人事組織コンサルティング、新規事業開発を経て、2013年4月に人事運用コンサルティング、若年・主婦・高齢者向けのキャリア開発サービス等を提供する株式会社ハンゾーを起業。リクルートでは、日本の大手企業での企業のビジョン・戦略の浸透支援、組織変革支援、人事体系・育成体系の設計、採用広報戦略の立案などのコンサルティングや、新規事業の開発に従事。新規事業として産み出したサービスは、3年連続全社イノベーション賞を受賞。