伊藤四朗 旬を逃さない!?

旬 いいため話
画像:amanaimages.com

朱(あか)き唇褪(くちびるあ)せぬ間に  熱き血潮(ちしお)の冷えぬ間に

明日の月日はないものを」

《ゴンドラの唄》松井須磨子

人間には「旬(しゅん)」というものが必ずあって、これを逃すわけにはいかない。

逃がさない努力をしなくてはならないと思っています。

恋する乙女だけではない、すべての人間にはことをなすべき「旬」がある。

この唄を聴くといつもそう思います。

私の考え方と共通するものがあって、私はこの歌が大好きです。

『コトバのチカラ』

(日本民間放送連盟ラジオ委員会)PHP