「私はあなた、あなたは私」自分だと思って接すれば、相手に不快感を与えない

banner02
須藤元気 いいため話
画像:www.business-plus.net

古代マヤの人々の言葉に、

〈イン・ラケチ〉

というものがあるのですが、これを訳すと「私は、もうひとりのあなた自身です」となります。

つまり、私はあなた、あなたは私……。

〈We are all one.〉です。

他人のことを自分だと思って接すれば、相手に不快感を与えないでしょうし、自分の心の内を正直に伝えることもできます。

お世辞も必要でなくなりますし、指摘すべき点があったらしていいと思います。

もちろん嬉しいことがあれば、それを共有したいとも思います。

逆に、もしも相手のことを自分ではなくて他人だと思って接すると、人はしばしば等身大の言葉を吐けなくなります。

相手によく思われようとして小さな嘘をついてしまったり、余計な画策をしたり、話しを脚色したりして、人間関係を複雑で難しいものにしてしまう。

そうなるとお互いに本質をわかり合えなくなり、いずれ『猜疑心(さいぎしん)』が芽生えてきます。

これではいい関係は生まれません。

_______

「風の谷のあの人と結婚する方法」

須藤元気 著

ベースボール・マガジン社より