中谷彰宏 「セクシーな男、男前な女」

banner02
中谷彰宏 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

セクシーな男がいます。

女性的な男性という意味ではありません。

色気のある男性です。

男前な女がいます。

男勝りな女性ではありません。

色気のある女性です。

色気とは、なんでしょう。

誤解の多い言葉です。

ムンムンでも、ムチムチでも、ありません。

色気とは、「生きる美学」です。

関東では、粋(いき)と言い、関西では粋(すい)と言います。

ヨーロッパでは、ダンディズムと言います。

外側から飾るおしゃれではなく、内側からにじみ出る生き様が、色気なのです。

東京に生まれ、京都の花街(かがい)で暮らした哲学者・九鬼周造は『いきの構造』の中で、粋の3つの要素を挙げました。

「垢(あか)抜け」「張り」「色っぽさ」です。

私流に解釈すると、こうなります。

「垢抜け」→世俗の欲望を超越して、まわりにビクビクしないこと。

「張り」→自由なエネルギーに満ちて、軽やかに動けること。

「色っぽさ」→自分の美学があること。

「セクシー」「色気」と言うと、フニャフニャした感じがあります。

実はまったく逆です。

たとえば、プレッシャーがかかるところで品位があり、礼儀を欠かさないことです。

なんでもない時には、誰でもマナーを守ることはできます。

ところが、本当にセクシーな人は、精神的にどんなにストレスがかかるところでも、品格を保っていられます。

その時に、男性ならセクシーな男に感じ、女性なら男前な女に感じるのです。

「男前」は、「男気がある」「カッコイイ」「しんが通っている」という意味です。

京都の花街では、ドーンときっぷよく寄附ができる人を「男前」と言います。

本来、「男前」は男だけに使う言葉ではありません。

女性に使う時にこそ、カッコイイのです。

男前は、メンタル力を表す言葉だからです。

色気も、外見をどうするかという問題ではありません。

その人の内側にあるしんの強さ、心の強さからにじみ出るものが色気なのです。

引用:セクシーな男、男前な女
中谷彰宏 著
ぱる出版