苫米地英人 「コンフォートゾーンの作り方」

苫米地英人 いいため話
画像:https://chikenroku.s3.amazonaws.com/

たとえば、目の前のテーブルの上に財布があるのに、「財布をなくした」と思い、あわてた経験はないでしょうか。

「たいへんだ!財布がない!」という強烈な思いがリアリティー(現実性)になると、それが目の前にあっても見えなくなります。

自分の中のリアリティー(現実性)によって、スコトーマ(心理的盲点)が生み出されます。

財布がないという内側の現実に、外側の現実を合わせるわけです。

同様のことは、仕事においても日常的に起こっています。

「仕事は嫌だ」「5時まで我慢すれば、後は自分の楽しい時間だ」

という言葉を自分に対して繰り返し語っている人は、仕事を苦痛に感じるものしか見えなくなります。

会社や職場で、喜びにつながる物事に気がつかない状況が生まれるのです。

なぜなら、そのように設定されたマインドがスコトーマ(心理的盲点)を生み、その設定から外れた情報を見えなくさせるからです。

このような人は、周囲に対しても、ネガティブなリアリティーを形成するように働きかけてしまいます。

とすれば、マインドの内側にある今の現実を変えることによって、マインドの外側の現実も変わることになります。

つまり、「未来のゴールの世界のリアリティー」を「今ある現実のリアリティー」よりも高めることによって、

あなたが感じる不協和が、ゴールの世界を達成するように導いてくれるということです。

引用:コンフォートゾーンの作り方
苫米地英人 著
フォレスト出版