小林正観 「笑顔で光って輝いて」

小林正観 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

感謝をしたことのない人が、「あれをよこせ」「これをよこせ」と言い続けます。

神様は千個あるうちの九百九十九の恵みを与えたにもかかわらず、気に入らない一点だけを挙げている人に、

ふたつ目、三つ目の気に入らないことを与えていくようです。

「この腰痛が治ったら、神様に感謝できます」と言う方がいます。

私はニッと笑って言いました。

「腰痛が治ったら感謝できると思っているのですね。でも、腰痛が治ったときに、あなたはたぶん感謝をしないと思います。

今度は、次に孫がこの大学に入ったら幸せなのだけど・・・と、次の要求を、天に向かって言い放つと思いますよ」

「どうして私のことがわかるのですか」と驚いていました。

要求をして「これが叶えば幸せなのだけど・・・」という人は、それが叶ったからといって感謝をすることはありません。

要求したら叶うという方程式が実現してしまうと、実際には、感謝をせずに要求を繰り返していきます。

引用:笑顔で光って輝いて
小林正観 著
実業之日本社