アンドレ・アガシ「名テニスプレイヤーのきっかけはプロボクサーの父」

アンドレ・アガシ いいため話
画像:http://www.tennis-navi.jp/

成功の秘訣はたゆまぬ努力。

そう理解するのはたやすいが、重要なのは、頑張れる秘訣を知ることである。

長時間の鍛錬を実行するのは大変だが、そのプロセスを楽にするツールを与えることが、本書の目的のひとつである。

名テニスプレーヤーのアンドレ・アガシの父マイク・アガシは、オリンピックにイラン代表で出場したプロボクサーだった。

アメリカ合衆国に移住し、ラスヴェガスのカジノホテルのテニスコートの用務員の職を得た。

マイクは、勤務中以外すべての時間を、四人の子どものテニスの特訓に費やした。

家の裏にテニスコートをつくり、上の三人は、毎日テニスボールの球出し機で練習した。

父は、通常よりも高速で球が出るように機械を調整した。

末っ子のアンドレが一九七〇年に誕生するまでに、すでにトレーニング法が確立されていた。

父は、アンドレの目と手の連動を鍛えるために、ベビーベッドの上にテニスボールをぶらさげた。

歩きはじめると、テニスラケットを手首にテープでくくりつけた。

2歳になると、レギュラーサイズのコートで上手打ちのサーブを練習させた。

タイガー・ウッズは、満一歳にならないうちに両親からゴルフクラブを与えられた。

デヴィッド・ベッカムは、子ども時代のほとんどを、ロンドン東部の公園でシュート練習をして過ごした。

何時間も繰り返し、同じスポットに正確にボールを当てる練習をしたのだ。

のちに彼の父がこう話している。

「息子の熱心さを見て衝撃を受けた。まるで公園があの子の家だったよ」

ベッカム自身もこう話す。

「僕の強さの秘密は練習だ。人生で特別なことを成し遂げたいなら、とにかく練習、練習、ひたすら練習。僕はそう信じている」

早くも14歳にして、公園での練習に費やした時間が報われた。

マンチェスター・ユナイテッドと契約を結んだのだ。

引用:ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう
エリック・ベルトランド・ラーセン 著
山口真由 監修
鹿田昌美 訳
飛鳥新社