萩本欽一「仕事が上手くいく秘訣」

いいため話 萩本欽一
画像:http://mdpr.jp/

ちょっとだけ自分の仕事のことを振り返ってみると、わりあいうまくいったことも多かったんじゃないかな。

それはなぜだろうって考えたら、一つ答えが見つかりました。

それは、あんまり好きじゃなかったから。

僕、子どもの頃から映画で見ていたチャップリンさんは大好きだったけど、コメディ自体が好きでこの世界に入ったわけじゃないんですよね。

華やかな世界というのも、どちらかというと苦手だった。

じゃあなぜこの世界にやってきたかというと、ただただ貧乏から抜けだしたかっただけ。

借金取りに頭を下げている母親がかわいそうで、家を建ててあげたかっただけ。

「笑い」に心の底から惚れていたわけじゃない。

でも、かえってそれがよかったんだと思います。

浅草の劇場でのお芝居も、テレビの仕事もラジオの仕事も、最初は「不得意だな〜」という地点から始まったの。

でも、真剣にやっていると、「ぜ〜んぜんいやじゃないな」になってくる。

少しずつ、苦手なことができるようになってくるんですよね。

逆に言うと、人って、いやなことをやっていないと進歩がない。

運の神様は、もがき苦しみながら不得意なものに取り組んでいる人にやさしいみたい。

僕の場合も、苦手なことのなかに、運は落ちていました。

だけど、苦手、不得意を克服して、「楽しい」になってくると、落とし穴に落ちるんです。

たとえば「海外ロケ」なんていうとみんなたいてい楽しそうにしているけど、僕は時間が空いても観光はいっさいせず、意識して「楽しまない」ようにしていました。

お金をいただいて仕事で行っているのに、楽しんじゃったら罰(ばち)が当たるって思ってたの。

なんの仕事でも同じじゃないかな。

難関を突破して憧れの会社に入っても、始めは会議のための資料コピーとか、お茶の用意を命じられたりしません?

でも、そこで「こんな雑用をするためにこの会社に入ったんじゃない」なんて思うと、運の到達は遅れます。

無駄なことをするのをいやがらないかどうか。

これでその人の将来がわかっちゃう。

「いやだな」と思う人は、たとえその会社で偉くなっても、「なんでもっと上の地位じゃないんだ」と思うんじゃないかな。

「いやじゃないな」と思う人は、どんなことでもいやがらず積極的に取り組むので、どんどん仕事ができるようになる。

そのときの損、得じゃなくて、自分の目の前にやってきたことを精いっぱいこなしていく人に、運は近づいてくるんです。

引用:『続 ダメなときほど運はたまる』廣済堂新書
萩本欽一 著