萩本欽一「芸人を辞めようと思っていた」

いいため話 萩本欽一
画像:http://storage.mantan-web.jp/

東洋劇場に入って3ヶ月目に、恩人の緑川士郎先生に呼ばれてこう言われたんだ。

「あのねぇ、欽ちゃん。

3ヶ月経っても、まったくコメディアンの感じがしてこない。

このままこの仕事をやってると、えらいことになってしまうかも。

だからね、今のうちに、辞めたほうがいいんじゃないかな。

はっきり言って欽ちゃんはコメディアンには向いていないと思う」

聞きながら、胸をぐさりと刺されるような感じがしたな。

でもね、言われている通りなんだよ。

舞台に出ても上がってしまってセリフも言えない。

踊りはダメ、笑いもできないの、ないないずくしなんだからね。

「分かりました。

自分でも無理のような気がします。

今月いっぱいで辞めることにします」

思わずそう、口にしていたな。

先生の前から下がって、二階の誰もいない楽屋に行き、短い間だったけれどお世話になりましたって、誰に言うともなく頭を下げていた。

胸の中がからっぽで、息をするのもうまくできない。

「どうしたんだよキン坊、何をしょげているんだ?」

ふと気付くと、すぐ側に、池信一師匠が立っていた。

「すいません、辞めることになりました。

さっき、演出家の先生に、“コメディアンには向いていないから辞めたほうがいい”って言われて、はい分かりましたって返事しちゃったんです」

「えっ!?3ヶ月しかやらないで、もう結論を出したのか?

おまえ自身の気持ちはどうなんだ?

やりたいのか、やりたくないのか?」

「できたらもうちょっと… もう少しやってみてから決めたいと思うんですけど…」

「そうか、本当は、おまえ、まだ辞めたくないんだな?」

「…ええ…」

「よし、ここで待ってろよ!」

師匠はそう言って、パーッと何処かに走って行き、5分もしないうちに戻って来て、

「キン坊、続けてろ!」

そう言って、すぐにいなくなっちゃった。

なぜ辞めなくてもいいことになったのか、後で緑川先生が教えてくれたな。

「おまえの師匠が来て言ったよ。

あいつは不器用で気が小さいし、面白くもないし才能もないかもしれない。

けれど、いまどきあんなにいい返事をする子はいない。

あの返事だけでここにおいてやってくれってな」

「はいーっ!」っていう返事は、高校時代のアルバイト先で身に付いたんだ。

「ラーメン一丁!」

「はいーっ」

「出前頼むよー!」

「はいーっ」

ってね。

なんでも、一生懸命やっておくもんだね。

苦労が、どんなところで役に立つかわからない。

師匠の話をしてくれた後、緑川先生はこう言ってくれたんだ。

「この世界で大事なのは、うまいへたじゃない。

おまえのようなダメな奴を、辞めさせないでといってくれる人がいることが大事なんだ。

一人でも応援してくれる人がいれば、やっていける。

ずっとやってろ、一生、辞めるんじゃないぞ!」

涙が止まらなかった。

心の底から泣けちゃったな。

引用:『欽ちゃんの ダメをやって運をつかもう!!』
萩本欽一 著
DHC文化事業部