世界的歌姫 ビヨンセ「マイケル・ジャクソン追悼の言葉」

banner02
いいため話 beyonce
画像:http://aug-mj-love.c.blog.so-net.ne.jp/

世界的歌姫、ビヨンセ。

ディスティニーズ・チャイルドとして、そして、ソロアーティストとして、1億3000万枚以上のもの売上を残してきた彼女。

実は、そんな彼女の人生に多大な影響を与えた人物がいる。

それは、マイケル・ジャクソン。

ビヨンセにとってマイケルは、いつでも憧れ以上の存在だった。

しかし、2009年6月25日、マイケル、突然の死。

悲しみに打ちひしがれたビヨンセは、自らのブログに追悼文を掲載。

マイケルへの賞賛と感謝の思いを、この言葉で表した。

「人生とは、何回息をするかではなく、何回息をのむ瞬間があるかだと思う」

何度も息をのむ瞬間を与えてくれたマイケル・ジャクソンを喪(うしな)い、悲しみに暮れたビヨンセ。

しかし、翌年のグラミー賞、彼女はその年最多となる6部門を受賞。

今では、世界の多くの人々が、ビヨンセのパフォーマンスに息をのんでいる。

引用:“世界は言葉でできているBook Edition」制作委員会”編
『世界は言葉でできている』日本実業出版