吉田松陰「どのように人を育てるのか」

banner02
いいため話 吉田松陰
画像:http://www.yoshida-shoin.com/

【使える部下がいないという勘違い】

リーダーは忘れてはいけません。

才能のある部下がいないのではなく、

部下の才能を引き出せる人物が、

まだこの場にいないだけだということを。

吉田松陰はやる気を引き出す天才で、

1,松下村塾という私塾にて教えた期間はたったの二年半。

2,当時、その地域の優秀な子たちは「明論館」という藩校で学び、教科書もあったが、「松下村塾」は教科書もなく、下級武士の子どもの集まりだった。

3,生徒を「さん」付けで呼んだ(一人一人を認め、敬う気持ちからそうしたそうです)

4,その近所の下級武士を集めた小さい塾から、総理大臣2名・国務大臣7名・大学の創設者2名、という人物を輩出した。

引用:「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」
池田貴将 著
サンクチュアリ出版