辻井伸行「盲目のピアニスト 母の育て方」

banner02
辻井伸行 いいため話
画像:https://jp.sputniknews.com

世界的に活躍する盲目のピアニスト、辻井伸行さんをご存知でしょう。彼の母親こそ、子どもの才能を伸ばす、すばらしい人です。

子どもが盲目だとわかって絶望しそうになりましたが、小さい頃から生活雑音に敏感で、いやだと思ったら泣きやまないことから、「この子には音楽の才能があるのではないか」と気づきます。

そして、そう思いながらよく息子を観察すると、「音楽に合わせて体が動く」「同じ曲目なのに、演奏家が違うことに気づく」ことを知りました。

ピアノの調律の人などにも、音楽の才能があることを示唆されます。

一見、短所に見えるようなことでも、それを反対にひっくり返すと長所になる。

辻井さんのお母さんの場合も、「生活雑音に敏感すぎる」という短所を。「きっとこれは長所なのだ」と気づく力がありました。

人間は長所と短所が背中合わせです。

短所だけに着目していると、大事な長所が見えなくなります。

子どもをよく観察することが大事です。

監督ではなくて、観察です。

客観的にその子のいいところを見る。

じっくりと観察するのです。

そして、よいところを見つけて、本人に告げてほめます。

辻井さんのお母さん自信がそう言っています。

まずは、母親が息子を的確にほめて、子どもに自信をつけてあげることが大切です。

_______

母親が知らないとヤバイ「男の子」の育て方

柳沢幸雄 著

秀和システム