徳川家康ってね、すっごい慎重だったの。

banner02
徳川家康 いいため話
画像:http://toyokeizai.net

徳川家康ってね、すっごい慎重だったの。

一回ね、崖みたいなところを通ったことがあって。

で、家康って「馬の名人だ」って言われてたの。

だから、家康はどうやってあそこを渡るんだろう、って、みんな見てたの。

そしたら、馬から降りて、馬の後ろから歩いてきたのね。

ハハハ、それぐらい、あの人は用心深い。

ところが、その用心深い家康が、武田信玄が攻めてきたときにね、天下の武田の騎馬隊に猛然とね、突撃かけたんだよね。

それで、一騎打ちしたの。

一生のうち1回ね、アレをやっておいたからナメられなかった。

だけど、ナメられたら終わりなんだよ。

人間、いつもおとなしいだけじゃダメなんだよ。

「丸くとも、ひと角あれや、人心」、と言ってね。

人間、まんマルじゃダメなんだよ。

ここいちばんのとき、「これ、おかしいですよ」って言えないと。

一見すると感謝できないことにも「感謝してます」と言うと、世間が変わり、あなたの人生も変わるよ…ということを、今までわたしは言ってきたんです。

前は「感謝してます」と言うと、因果が消えて、より一層しあわせになる、成功しちゃう人たちが、ホントにたくさんいたんだよね。

ところが最近、世間をぐるっと見渡したとき、波動が変わってきちゃってて。

魂的な修業が、「感謝します」から、

「威張(エバ)っちゃイケない、ナメられちゃイケない」

に変わってきた。

今、起きている問題は、「感謝してます」では埒(らち)があかないケースがほとんど。

「威張っちゃイケない、ナメられちゃイケない」を念頭に置いて、答えを出すと、しあわせで、成功するんです。

ナメられちゃイケないと思っていると、やがて自然と、ナメられないで対処できるようになるしね。

威張っちゃイケないと思っていれば、人に威張らない。

この2つができるようになったとき、あなたは本当の実力がついて、世間から絶大なる信頼を勝ちとることができる。

難しい反面、非常にやりがいのある修業だし、ホントに魂が喜ぶような挑戦です。

楽しくワクワクしながら、1日100回「威張っちゃイケない、ナメられちゃイケない」を唱えてみるといいですよ。

『人生に成功したい人が読む本』PHP研究所