カーネル・サンダースが、成功したあとに守った約束がカッコイイ!

banner02
画像:http://articleimage.nicoblomaga.jp/

「ケンタッキーフライドチキン」が創業されたのはカーネルが65歳のとき。

敬虔なクリスチャンだったカーネルは、日々教会に通い、「60歳も過ぎ、最後のチャンスを逃してはならない。どうか神様お願いします」と神に祈っていました。

とはいえ、なかなか成果は上がらず、資金は尽きかけていました。

しかしそれでも、なんとかしたいという必死の思いから、ある日、神にこう言います。

「チキンを売れるようにしてください。売れたらそのお金の半分を神様に差しあげます」

商売に成功できたら、収入の半分という代償を差し出すことを、神に誓ったのです。

・・・それから数日後、驚くべき事に、状況に変化が起きました。

どれだけ頑張っても売れなかったレシピが、様々な幸運により突如売れ出し、カーネルのチキンはアメリカじゅうで大人気となったのです。

そして数年後、カーネルは誓いを守りました。

カーネル財団という寄付団体を作り、教会に財産の半分を寄付したのです。

カーネルの幸せそうな笑顔は、成功した喜びを表現しているだけでなく、人のために生きたという幸福感の賜物です。

だからこそ、どんな困難にも負けず、多くの人に愛され、最後に大きな成功をつかみ取ることができたのです。

引用:「なぜ、成功者たちは不思議な習慣を持っているのか?」
濱栄一 著
宝島社より