稲盛和夫「人間の心は庭のようなもの」

banner02
庭 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

啓蒙思想家ジェームズ・アレンは、その著書『「原因」と「結果」の法則』のなかで、心の管理ということに関し、次のように述べています。

「人間の心は庭のようなものです。

それは知的に耕されることもあれば、野放しにされることもありますが、そこからは、どちらの場合にも必ず何かが生えてきます。

もしあなたが自分の庭に、美しい草花の種を蒔かなかったなら、そこにはやがて雑草の種が無数に舞い落ち、雑草のみが生い茂ることになります」

続いて、彼はこう言っています。

「すぐれた園芸家は、庭を耕し、雑草を取り除き、美しい草花の種を蒔き、それを育みつづけます。

同様に、私たちも、もしすばらしい人生を生きたいのなら、自分の心の庭を掘り起こし、そこから不純な誤った思いを一掃し、そのあとに清らかな正しい思いを植えつけ、それを育みつづけなくてはなりません」

自分の心の庭を耕し、毎日の反省をすることによって、雑草つまり自分の邪な思いを取り除き、そこに新たに素晴らしい思いを植えるようにしていかなければなりません。

つまり、邪な心を反省し、善き思いを心のなかに育てていきます。

そのことを、ジェームズ・アレンは園芸にたとえて、説いています。

_______

考え方

稲盛和夫 著

大和書房