堀江貴文「バカは小利口に勝る」

banner02
バカ いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

「バカは小利口に勝る」

いくつものワクワクするプロジェクトを動かすためには、人についていく小利口ではなく、手を挙げるバカにならなくてはいけない。

僕はこれまで、空気なんて読まず、クラスの中で真っ先に「はい!」「はい!」と手を挙げるような人生を歩んできた。

年功序列、終身雇用の余韻が残っていた1996年にオン・ザ・エッヂを起業し、ライブドアへとつながっていった。

ニッポン放送とフジテレビを買収し、メディア革命を起こそうと計画した。

大阪近鉄バッファローズを買収し、プロ野球をおもしろくしようと考えた。

自民党から衆議院議員候補として出馬し、自民党総裁になってやろうと夢想した。

失敗した計画も多いが、成功したプロジェクトのほうが数多い。

今でも僕はおもしろいことを思いついた瞬間、真っ先に手を挙げる人生を歩んでいる。

目の前におもしろいもの、興味深いものがあれば、さっと手を伸ばして触ってみる。

自分の手で触ってみておもしろければ、とことんまでハマってみる。

成功している社長にはバカが多い。

バカだから「恥ずかしい」とか「失敗したらどうしよう」などという「感情」を通り越してやってしまう。

小利口な人間があれこれ考えて行動を起こせずにいる間に、手を挙げるバカがチャンスを手にするのだ。

_______

多動力

堀江貴文 著

幻冬舎